より良い方法を考える

何事にもメリットとデメリットはあります。仕事をする上においては、出来るだけメリットの多い方法を選択する必要があります。
システムエンジニアが仕事をする時には、特にメリットを重視しなくてはいけません。
開発には時間がかかるものですが、出来る限り短い期間で、しかも正確に仕事が進めば予定の工程に余裕が出てきます。
アジャイル開発は短い開発期間単位を採用することでリスクを最少化して素早く処理する手法です。
ですからアジャイル開発の手法では次のようなメリットが得られると考えられます。

業務プロセスが確定されているので、何を優先していくか、優先度の高い重要な機能から着手することが出来ます。
工程に無駄がなく、これはとても大きなメリットだと考えられます。
また、完成前に実際に動く画面を顧客が見ることや試すことが出来ます。
その段階で仕様の違いであったり、意向の違いなどを確認できますし、また顧客からの要望の漏れなども早期に発見することが出来ますので、一見手間のように思えますが、結果的に早く工程を進めることが出来ます。

要求と実際のプロダクトとの間に違いが発生していた場合、なぜこのような間違いが発生したのかといったことを分析したり解明することが出来ます。
また分析や解析をすることで、顧客とエンジニアとの間での情報の伝え方、つまりコミュニケーションの方法についてより良い方法を探し出すことが出来、コミュニケーションが向上していくことにも繋がっていくと思います。
開発途中の業務プロセスが変更になった場合でも、未着手の部分は変更された内容で実装することができます。すでに実装済みの場合であっても、修正の影響範囲は限定されますので修正がしやすくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です